『松山新地から日本へ』

 愛媛県松山市は四国最大の人口にして固有の観光地を多く持つ都市です。

市内中心には松山城や大街道・銀天街という大型アーケードがあり、観光地としては道後温泉、夜には八坂通り周辺を中心に四国最大の飲食街があります。

その八坂通り周辺の飲食街を『松山新地』と呼んでいます。

昭和中期頃、歩行町周辺が飲食街でしたが、バブル頃から、歩行町から八坂通り周辺に飲食街が拡大し大いに賑わいました。

現在は、人口減少・高齢化・不景気などにより、勝山通り周辺まで広がっていた飲食街が縮小しつつあります。

また、松山新地は人口密度に対して飲食店の店舗数が全国の中でもトップクラスに多い飲食街でもあります。警察の暴対法の強化により、治安も年々良くなっています。

この松山新地イノベーション事業は、『①四国最大の飲食街②文化・芸術の街③若者が憧れる街』をテーマに活動し、四国最大の飲食街の松山新地(提携商品や文化・芸術)を全国にも発信し、道後と共に、松山新地が活性化し、地域に活力が生まれ、若者に『生き甲斐のある情熱を持って生きていける松山』になるように活動しています。

松山新地イノベーション事業内容

、松山新地を応援いただいている企業との提携商品開発と(ネット)販売

2、アーティスト(音楽家・画家・飲食業・舞踊・俳優など)の活躍事業

【音楽:ROKUMEI音楽団、ダンス:松山新地舞踊団設立予定、画家:活躍企画、飲食:松山新地飲食店シンポジウム企画】

3、児童・青少年・障がい者への福祉活動

水口酒造道後ビールスタウト